開業DIY③飲食店経験は必要?

開業に際し、飲食店経験はあったほうがいいのか?

これについては多くの意見がありますが、圧倒的に「経験しておいたほうがいい」という方が多いと思います。

しかし、僕の知り合いには飲食経験ゼロで飛び込んで今現在も人気のお店をされている方もいます。

実際のところ、飲食経験って必要なの?ってところを、飲食店で働いてみて今開業準備中の僕の主観でお話してみたいと思います。

わかりやすいようにメリットとデメリットに分けてご紹介いたします!

メリット

ちなみにですが、僕は料理は趣味で週1,2回する程度で、料理が特別できるということもなければ、ただお酒についての知識が少しあるだけでした。

そんな僕が飲食店をやると決めたとき、当時勤めていた会社を辞め、複数の飲食店でアルバイトを始めました。

フランチャイズチェーンのお店から地元企業が運営するレストラン、個人経営の小さなお店まで。

それぞれに特徴があり、学べる事は様々でした。

まずはメリットから!

・衛生管理についての知識が身につく

これについては働いてよかったと思っています。
特に大きな会社がやっているお店や、チェーン店ではマニュアルがしっかりしている傾向があり、衛生面については特に規定が細かいです。

準社員としてチェーン系の会社に就職した際には衛生管理についてしっかり座学の時間をとって勉強させてもらえました。
普通に1人で勉強することもできるとは思いますが、やっぱり「どういう理由があってこういうことをします」ということをしっかり教わってからお店で働くことでしっかり覚えられたと思います。

・料理をする機会が増える

そもそもたくさん料理することになるので、料理が上達します。
これはお店によりますが、完全にマニュアル化されていて調理に使う調味料も自社製のものとなると、料理そのものはあまりうまくならないかもしれないですが、包丁さばきや盛り付けはうまくなるでしょう。

また、様々なレシピに触れられるので自身の料理の幅を広げられます。

・人脈が広がる

多くの飲食業界の仲間や、お店にくるお客様と親しくなったり。
いろいろな人と知り合うことができます。

それはゆくゆく独立を考えているならプラスに働いてくれるような気がします。

同業者を敵視する方もいらっしゃいますが、僕はいろいろな店の方と仲良くやっていきたいと思っているのでとてもありがたい限りでした。

僕はとにかく経験がなかったので、いろいろリアルなお話を聞かせてくれる先輩方にはとても助けられました。

中にはお店を始めたら仕入れ先を紹介してくれると約束してくれた方や、厨房機器の相談に乗ってくださった方も。

・体が仕事を覚えてくれる

飲食の仕事って、独特のリズムや緊張感があるような気がしています。
お客様の多いピークタイムは特徴が顕著に現れます。

効率よく調理を進めてオーダーを素早くこなしていくために頭の中で複数の料理の手順を同時に組み立てたりします。

これって家庭での料理でも考える機会はあるかもしれませんがやっぱりお店の感じとは少し違う気がします。

切羽詰まってる感があったりすることとか(笑)

・在庫管理や経営についても学べる

その店それぞれの在庫の管理の仕方や経営に際してのいろいろな数値管理について学ぶことができる場合もあります。

ただのアルバイトでは教えてくれないことも多いと思いますが、ある程度になるか社員としてお店に入った場合には間違いなく教わると思います。

お店によってやり方は様々かもしれないですが、おおむね同じと思いますのでこれも体験しておいて損はないかなあと思います。

本などでも十分に学習することは可能ですが、やっぱり実際にやったことがあると安心感がありますよね。

 

デメリット

正直デメリットなんかあるのかなあって感じです。

しいて言うならお店によってデメリットになる場合があるって感じですね。

・人間関係でうまくいかないことがある

上司が曲者であったりした場合で相性が悪い時は自分のメンタルがやられます。

・経営が怪しいお店だとお給料が出なかったりする

これめったにないと思いますが、給料未払いでえらい目にあったという話を聞いたことがあります。

まとめ

デメリットについては僕は何も感じたことがありませんが、聞いたことあるお話を紹介しました。

「なんでも盗める技は盗む!」という気で仕事をしてると何もかもが新鮮で楽しくて、デメリットは感じませんでした。(運がよかったのかも)

個人的には短期間でもいいので少しは経験しておくといいかなあと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です