開業DIY④資金計画!

 
 
実際にお店を始めるにあたり、いったいお金はどのくらい必要なのでしょうか?
 
そもそもどういうことに対してお金が必要なのでしょう。
 
・厨房機器
 
・食器やレジ等の備品
 
・運転資金(食材を買うお金や人件費など)
 
・店舗を用意するための資金
 
・その他宣伝やショップカードの製作費用など
 
ざっくり分けるとこういった感じでしょうか?
 
最後の項目については運転資金とも言えますが、僕自身が忘れがちなのであえて分けました。
 
それぞれいくらほど資金が必要なのかはお店の規模や形態によって変わります。
 
僕の場合はダイニングバー、カフェですので、レストランほどガチガチな機材を必要とはしませんが、ガスコンロにオーブンなど一通りは必要です。
 
また、物件取得などについては僕は自前の建物があるので少し条件が異なりますが、僕のありのままを記事にしたほうが参考になると思いますのでありのままで書きます。
 
そして、僕の開業資金について考えることは2つです。
 
借入は可能な限り少額に。できれば借入はなしでスタートしたい。
 
早期に経営が安定するように月々の固定支出が増えるようなことはなるべくしない。
 

・厨房機器

 
厨房機器についてはいくつかの選択肢があります。
 
新品か、中古か、リースか。
 
どれがオススメなのかと言われるとわかりませんが、僕は中古の厨房機器を活用したいと考えています。
 
僕自身は費用を抑えつつ、月々の固定支出も出来る限り抑えたいと考えています。
 
僕は経営に関しては初心者で素人です。
 
リースなどを効果的に使えばスタートの資金も抑えつつうまくやれるのだと思いますが、お金の出入りが複雑になることや、月々の売り上げ目標が上がり、長期的に資金を圧迫するのは避けたかったのです。
 
\\\冷蔵庫\\\
 
調理場用のコールドテーブル1台 10万前後
 
カウンター用のコールドテーブル1台 10万前後
 
日本酒用の中身が見える冷蔵庫1台 14万前後
 
クラフトビール用の複数の樽が冷やせる冷蔵庫が1台 (おそらく20万前後)
 
\\\冷凍庫\\\
 
ストッカー2台 (10万前後)
 
\\\ガス台\\\
 
3〜4口、オーブン付き1台 15万前後
 
\\\その他\\\
 
フライヤー 8万前後
 
製氷機 10万前後
 
合計97万
 
約100万円
 
最低限を揃えるとこのくらいになるだろうと試算しました。
 
しかし、どこのサイトの開業レポートを見ても厨房機器が100万円を下回っている事はなかったのでおそらくは条件に合うものを探していくうちに100万円を超えてくるものと想像しています。
 
中古の機器のデメリットはアフターの保証がないこと、取り付け工事が高額になる可能性があることだと思います。
 
購入の際には取り付けしてくれる業者を確保することや、その商品の状態が良好であることを確認して、価格ばかりに釣られないよう注意する必要があるでしょう。
 

・食器やレジ等の備品

 
これについては未知の部分が多いのですが、20万以内で買えるだけ買うくらいのスタンスでいます。
 
レジについては僕は普段から使っているiPadで可能だと思いますし、必要なのは割り箸やお手拭きやトイレットペーパーと言った高額でないものがたくさんだと思うので、大丈夫かなと思います。
 

・運転資金

 
運転資金については第2回の記事で書いた目標売り上げの115万円から利益の30万円を引いた85万円が1ヶ月に必要な資金です。
 
この3〜6ヶ月分が、必要な資金です。
 
僕の場合は最低でも300万は必要ですね。
 
ちなみにこの運転資金は理想は6ヶ月分だそうです。
 
僕の場合はやく500万円。
 
正直運転資金についてはたっぷりある方が理想だと思います。
 
僕も可能であれば500万円用意したいところですが、これがまた結構大変なのです。
 
理由は次の店舗を用意するための資金です。
 
※この運転資金は何がなんでも削ってはいけない。最低3ヶ月だけれど、本当はそれでは心許ない。という話なので、僕の場合はなんとか他を節約してここをしっかり確保したいです。
 

・店舗を用意する資金

 
これは人によって、土地によって大きく変わるものと思います。
 
僕の場合はといことを書きますので参考になるかはわかりませんが、ありのまま書いてみます。
 
僕の場合は建物がありますので物件の契約料や、月々の家賃は0です。
 
しかし、現在その建物は倉庫ですのでこれ以上なくスケルトンなのです。
 
(現状)
 
・電気は引いているが配電盤の回路数は少なそう。
 
・水道は来ているが下水が繋がっているかは不明。
 
・断熱材等も入っていないため、快適な空間ではない。
 
・入り口がシャッター。
 
などなど
 
詳しくは後ほど店舗改装についての記事でご紹介できたらなあとおもいます。
 
ともかく、これらの条件でいくと以下の工事が必要です。
 
・水道工事
 
建物内の上下水配管、場合により下水への接続工事。
 
・電気工事
 
電気自体は来ているが配線や配電盤の変更が必要です。
 
・リフォーム工事
 
店舗にする場合は入り口を作ってあげる必要があるのと、作りかけの家みたいな状態なので壁を仕上げたり、カウンターなどの造作を作る必要があります。
 
正直必要なお金は全く想像がつきません。
 
家を建てたこともなければリフォームをしたこともないのです。
 
最初に話したように僕は借入なしでできればいいなと思っているので、正直上限があります。
 
できれば全部で500万円以内で始めたいと。
 
結構本気で考えています。
 
ちなみにこれを知り合いのお店をしている人に話すと、「それ500万で工事代も出るかどうか微妙じゃない?(笑)」って言われました。
 
まじかよ。やっぱそんなにかかるのかリフォーム工事って。
 
運転資金300万、厨房機器100万。となると店舗を用意するのにかけられるお金は100万円・・・
 
問答無用でリフォーム予算は100万円なのです。
 

・それでも僕は500万円で始めたい

 
絶対無理だな・・・って思いますよね?
 
そう、本当に無理っぽいのですが、なんとかそこに納められるよう頑張る必要があったのです。
 
なぜなら開業しようと考えたのは2017年。
 
出来ることならオリンピックイヤー、2020年に始めたいなと決めていたので周囲の人たちには「2020年にお店しまーす!」と言いふらしていました。
 
そしてその時の僕の貯金は0だったのです。
 
見切り発車もいいところだよなあ・・・
 
真面目な話はこの回までです。
 
次回からはただの日記みたいになっていくので面白おかしく読んでもらえたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です