開業DIY⑦倉庫の現状

まずは片づけ

倉庫の改装後のイメージは僕の中に概ねできました。
 
そのイメージをしっかり落とし込むため、現状をちゃんと把握するために倉庫へ向かいます。
 
が、しかし。
 
 
倉庫ですから。
 
この有様。
 
資材からなにから山積みで残っています。
 
まずは片付けからですね・・・笑
 
まずは重たいものから、大きいものから運び出します。
 
 
手伝ってくれているのは父と弟。
 
ありがとうございます。めちゃくちゃ助かりまくりです。
 
僕はゴミをせっせと分別しまとめます。
 
後ほどまとめてクリーンセンターに出すのですが、ゴミの中になぜか小さい頃のおもちゃなんかも混ざっていてついつい手が止まることもしばしば笑
 
そんなこんなで仕事が休みの日などを使いながらおおよそ2ヶ月ほどで概ね片付けることができました。
 
 
まだ片付き切っていないと言われたら全くその通りなんですが、サイズを測ったりする分には十分な片付き具合なのでこれでよしとしましょう!
 
ちなみにこの時片付けと同時にとある厨房機器も搬入したのですが、それについては後日。
 
この写真で倉庫の中身もどういう状態なのかわかってもらえたと思います。
 
長方形の空間にロフトがあるような感じです。
 
そして採寸できるとこをは全部採寸しました。
 
 
あと、同じ紙に厨房機器のサイズや、トイレのサイズなども書き込んでおくと便利でした。
 
トイレのサイズはググると解説を書いてくれているサイトがたくさん出てきます。
 
 
これらをもとにまずは機器の配置や客席の配置、トイレの位置などを考えるのですが、いかに楽に工事をするか、工事費を抑えるかを考えながら配置を決めます。
 

•水道について

 
上水道は来ていて、蛇口をひねるとちゃんと水が出ます。
 
水道料金明細の紙なんかも倉庫の中にあったので、おそらく上下水とも来ているんだろうと思いましたが、念のため確認してみます。
 
倉庫の周辺にはマンホールが3カ所ありました。
 
こんな感じです。
 
 
それぞれを開けてみると
 
1番、2番ともこんな感じ。
 
 
これ絶対下水じゃないよなあ・・・
 
流れてないもんなああ
 
と不安になりながら3番を開けると
 
 
よかった!ちゃんと流れそうな感じ!
 
そんで配管の向かっている道路の方にはおすいと書かれたマンホールが。
 
これは間違いなく下水も来てる!
 
なんと下水が来てないと繋ぎ込むのにえげつない金額が必要になるらしく、正直めちゃくちゃびびってました笑
 
上水道はともかく、下水の配管をいかにこの3番のマンホールまでシンプルに、工事しやすいところを通して持ってくるかが重要になってきます。
 
配管の長さや複雑さで金額が変わるそうなので、それを考えて水回りはなるべく一か所にまとめるのがセオリーなのだそう。
 
長くなってきたので今回はここまで。
 
次回配置を考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です