【イヤーパッドの交換】yamaha hph mt-8

ヤマハのモニターヘッドフォン、hph mt-8を使用しているのですが、イヤーパッドが大部へたっていた上にボロボロと革っぽい部分がはがれ始めたので交換しました。

交換

特にねじとかで止まっているようなものでもないのでひぱってはがして、新しいのをかぶせるだけです。

左が新しいので、右がもともとついていたやつ

めちゃめちゃ形が違うので最初はびっくりしました。

一瞬商品を間違えたのかと思いましたが、引っ張って伸ばしながらで普通に入りました。

1個3000円くらいと、イヤーパッドとしては平均的な価格。

外されたボロボロのパッド。

そしてこちらが美しき新品!

新しいパッドだとちょっと側圧強くなったように感じます。

最近クリックがマイクから入ってることが多いなあとは思っていたのですが、これで音漏れも減って気持ちよく録音できそうです。

実はほかにも選択肢がある

この記事を書きながら初めて知ったんですが、イヤーパッドには互換性のあるものが多く、サードパーティ的な製品も結構あるみたいです。

僕はてっきり、そういう商品はSonyのMDRとか超定番品にしかないと思っていました。

これとかお買い得で対応機種数すごいです。

MDR-7506も1つ持ってるんですが、そのイヤーパッドはここのものを使ってます。

イヤーパッドは装着感だけでなく密閉度やドライバとの距離も変わるものなので、音の違いはけっこう出るんじゃないかと思います。

僕は今回はおとなしく純正を買いましたが、気になる方はイヤーパッドを交換するカスタマイズも試してみてはいかがでしょう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA