【ちょっと失敗しました】アウトドア未経験者だけど「チェアリング」してきた。

先日、と言ってももう結構前なんですが【チェアリング】をしてみました。

アウトドア経験皆無なので、行き当たりばったりで無理矢理になんとかした部分がとても多いのですが、誰かが同じ失敗を繰り返すことのないよう記録しておきます。

みんな、簡単そうなアウトドアでも、身近に経験者がいるならしっかりわからないことを聞くんだよ!

今回の目標は外でコーヒーを飲む

そう、今回は別に椅子だけ持って行ってっていうよりも、外でコーヒーを飲むのが目的です。

  • 豆を挽き
  • 湯を沸かし
  • コーヒーを淹れ
  • 味わう。

それが目的です。

その1歩を皮切りに、少しずつレベルを上げていき、最後にはキャンプにも挑戦したいですね。

個人的に虫が嫌いなので春、秋ぐらいがいいですね……

おっと、話がそれる前に、コーヒーを淹れるために必要なものをリストアップしていきましょう!

必要なものといえば

今回は焙煎済みの豆を持っていき、そこで挽くつもりなので、その前提から必要なものをリストアップ。

  • コーヒー豆
  • コーヒーミル
  • ドリッパー
  • コップ
  • ケトル
  • コンロ(湯を沸かす熱源)
  • レジャーシートや椅子

やはりコーヒーを淹れるだけですから、点数は少なく思えます。

そして購入したものがこちら!

コーヒー豆はいつもの越智商店さん。

https://ochishoten.base.shop/categories/2393310

今回の豆はエチオピア グジ G-1 ウラガ タベブルカ ナチュラル 中浅煎りです。

○味わえば味わうほどに絶妙なバランス
上品な甘さと爽やかに心地よく抜ける後味
クリーミーな舌触り、スパイシーな香り
杏のような華やかな印象
時間を掛けてゆっくり飲みすすめたい

だそうな。

僕はコーヒーのうまさを語れる語彙がないのでそのまま引用です。

いつもおいしいコーヒーをありがとうございます!

コーヒーミル・ポーレックスコーヒーミル2

今回買ったミルはこちらです。

半端なものを買って「使いにくい」「美味しく淹れられない」ってなるのは最悪なので、ちゃんとしたものを探しました。

日本製で持ち運べる小型のミルの中でも挽き心地がいいのだそう。

ショップでのレビューもよいものが多く、検索中もミルはこれ一択だなあと感じました。

ドリッパー・コールマン パルテノンコーヒードリッパー

ドリッパーはこちら。

本当はフィルターを取り付ける畳めるタイプのドリッパーがかさばらなくていいかなあと最初は思っていたんですが、フィルターを忘れたらどうにもできないんですよね……

忘れずにフィルターを持っていく自信もなかったし、フィルターがいらないタイプにしてみました。

コップ・RIVERS リバーズ ウォールマグ スリーク ベア タンブラー 350ml

逆にコップは何でもいいやって思ってたので見た目で選びました。

クマがかわいい。

ケトル・コールマン ファイアープレイスケトル

ケトルはドリッパーに合わせてコールマンにしました。

少し前の話になりますが、FF15をやってたので、コールマンに親近感があります。

選んだ理由はそれだけです!

湯を沸かすと取っ手も熱くなりそうなのでそこに注意ですね。手袋が必要です。

コンロ・snow peak スノーピーク HOME&CAMP バーナー

普通、キャンプやアウトドアってなると、こっちのをイメージするじゃないですか?↓

けど個人的には、これで使うOD缶ってそんなに使わないと思うんですよ。

僕まだそんなハードにアウトドアするつもりないですし、できれば家でも使ってるようなカセットコンロと同じのが使いたかったんです。(CB缶というらしい)

そこでこれしかない!となったのがこちら。

普通に家でも使えるし、いざキャンプってなっても料理用に使えそうだし、おまけにコンパクトにたためる!

正直家でもカセットコンロってかさばるからなんだかなあとか思ってたんです。

家用にしてもいいなんて最高じゃないですか。

コンロは迷うことなくこれに決めました。

おすすめに表示されていたこのバーナーシートも同時に購入。

椅子は100円ショップ

今回の目的地には腰掛けられる場所がたくさんあるので、おしりに敷くシートさえあればいい感じでした。

なので100円ショップでクッションシートを購入。

自転車に積み込んで出発!

僕は自転車にパニアバッグ(リアキャリアバッグ)をつけてるのでガシガシ突っ込んで即出発できます。

しかし、もうかれこれ4年は使ってるような気がするので日焼けで色がすごいことに。

本当はこのバッグもかっこいいのに変えたいところですがいつまでも重い腰が上がらず使い続けています。

いざ!豆を挽く!

途中のスーパーで水を買って目的地に到着。

目的地は近所の海浜公園。

夏の終り頃だったので、まだまだバーベキューを楽しむ人たちがたくさんいました。

落ち着く場所を探しうろうろして、ちょうどバーベキューをしてる人が少ないあたりに陣取りチェアリング開始です。

じゃじゃーん。って効果音がついてる気分です。

これでゴリゴリと豆を挽いていきます。

普段は電動ミルを使っているので、手動ミルは思ったより時間がかかりました。

ちょっと見えにくいけどこんな感じ。

湯を沸かそうと思ったら!?ここで失敗が発覚!

そう、問題は湯を沸かす時でした。

なんとケトルの径が細くてコンロの五徳(鍋を支える柱みたいなやつ)に上手に乗らない!笑

ごらんのとおり傾いております。

とっても精神衛生上よくないので、次回は小さい金網も一緒にもっていこうと心に決めました。

みなさん、選ぶときには五徳の径とケトルの径を必ず確認しましょう!

ちなみに、これでもなんとかかんとか湯を沸かすことができました。

ドリップ!

ではいよいよ、豆をドリッパーに入れて・・・

上にもう一つの部品を載せて湯を淹れます。

この小さな穴から最適なペースで湯が落ちてくれるんだそうな。

コーヒーを淹れるのにペースとか、そんなのがあったことに驚きました。

以前もちょっと話したけど、コーヒー淹れるときはいつもざっくりと入れているので。

そんなこんながありましたが、無事にコーヒーを淹れることができ、満足して帰りました。

収納でピッタリ

あと、これは楽天のレビューで見かけたことなんですが、このコーヒーミルとケトルはサイズがいい感じでして、ケトルの中にミルが収まります。

高さもぴったりでちゃんと蓋も閉まります。

荷物がかさばらないのはいいことですね。

ちょっと焦るところはあったけど。

そんなこんなで無事チェアリングを楽しんできました。

外でゆっくりするとそれ以外に何もできなくなるからいいですね。

家にいたら必ず何かしらしてしまうから、ゆっくりするには外に出たほうがよく休めます。

ここ最近はバタバタとしていますが、少しずつアウトドアもレベルアップしていきたいと思いました。

あと、キャリーバッグもレベルアップしたいです。

昔調べたときにはオルトリーヴくらいしかなかったけど、今はいろんなのがあるみたいだし。

ゆっくり調べようと思います。

あ、スーパーの袋(ごみ用)や手拭きも忘れず持っていきましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA