初めてのギターで中古を選ばないほうがいい理由はコレ!

初心者の方にギターを教える機会がとても多くある、現状ですが、たびたび聞かれるのがこちら。

初めてのギターってどこで買えばいいですか?中古の安いのとかじゃだめですか?

調べてもらうといろいろな意見を目にすることがあると思いますが、僕は必ず「中古で安いギターはやめておいたほうがいいです」と伝えます。

中古で買うことにあるメリットとデメリット

まず中古で買うことにあるメリットです。

シンプルに「普通に買うより安い」ということです。

はじめてもうまく弾けないかも。飽きてしまうかも。そもそも高額を出すほどの興味はない。

そういった不安などはごもっともかと思います。

一番最後に上げた、そもそも興味がないというお話でしたら納得ですが、それ以外の場合は要注意です。

「安い中古をなんとなく買ったせいで弾けない、そして飽きてしまう」という可能性が大いにあるからです。

中古で買うデメリットはまさにこれです。

最悪弾けなくて諦めてしまうことです。

実際に僕が教えていた方の中にも、中古ギターを買った方でいつまでもうまくならない人がいました。

その方は上手くならないことにとても悩んでいたのですが、ギターを買い替えた途端めちゃくちゃうまくなりました。

なぜ中古ギターを買うことで弾けなくなってしまうのか?

ズバリ、「弾きにくいギターを買ってしまっても、そのギターが弾きにくいものだと気づけず、ギターそのものが難しいものだと勘違いしてしまうから」です。

まず初めに。すべての中古が悪いというわけではありません。これを断言しておきます。

よい中古ギターと、悪い中古ギターがあるのです。

【よい中古ギター】
1,メンテナンスが施されており、状態が良い。
2,演奏に支障がなく、弾きやすいもの。
3,フレットの減りが少なく、トラスロッドに余裕があり、継続して使用できる。
4,信頼できるスタッフ、知人が紹介するもの。

以上の4点を満たすものが購入しても問題ない中古ギターです。

中古ギターはいたるところで販売されています。

楽器店はもちろん、リサイクルショップや、ヤフオク、メルカリなど、リアル、ネット問わず本当に様々な場所で。

そんな販売されている場所の中で、楽器店以外の場合、特にリサイクルショップの場合要注意です。

きれいに掃除することや、弦を張るくらいならだれでもできるでしょう。

しかし、本当に正しくメンテナンスされているのか。

この1点には大きな疑問が残ります。

掃除以外のメンテナンス、エレキギターならジャックのゆるみはないか、ピックアップの高さは適正か、そういった1つ1つの部品のすべてに対してメンテナンスができているかは謎です。

詳しいスタッフがいるお店なら大丈夫でしょう。

しかし、全てのリサイクルショップにそんなスタッフがいるわけではありません。

とはいえ、スタッフさんも売るのが仕事。詳しくないスタッフでも「このギター弾けますか?おすすめですか?」と聞かれたら「弾けます。おすすめです」というでしょう。

初心者の方には、その店にちゃんとした知識を持ってメンテナンスしているスタッフがいるのか判断すること自体が難しいのです。

そうしていつの間にか弾きにくいギターを買ってしまい、弾けないまま諦めてしまう方はとても多い印象です。

弾きやすいギターと弾きにくいギターは天と地の差がある

弾きにくいって言っても弾けるんでしょう?と思われるかもしれません。

実際弾くことは可能です。上手な方なら弾けます。弘法筆を選ばずです。

しかし、皆さんが思ってる以上に、弾きやすいギターと弾きにくいギターには差が出ます。

「弾きにくいギターではコードが全く押さえられなかったのに、ギターを変えた途端にきれいに音を鳴らせるようになる」といったことは日常茶飯事です。

初心者の方ほど、弾きやすいギターと弾きにくいギターの差を強く実感します。

ちゃんとセットアップ、調整がなされているか。

この項目は初心者の方には最優先といっても過言ではないギター選びの基本です。

これから購入を検討されている方には「フレットの減り」や「トラスロッド」といった単語はよくわからないでしょう。

また、わかったとしてもどの程度の基準をもってそれらを判断すればいいのか難しいでしょう。

ですので、初心者の方のギター選びに必要なのは「信頼できるスタッフ、知人」です。

わからないときは大きい楽器屋で!

初めてのギター選びで弾きにくいギターを買ってしまい、そのことにも気づけない。

そういったことが起こりやすいから知識がない状態で中古ギターを買うのはNGです。

失敗を避けるためにも、初心者の方ほどやめておきましょう。

・信頼できる楽器店で、メンテナンスのされた新品を買う。

これで失敗の可能性を一気に減らせます。

楽しくギターを始めるためにもぜひ気を付けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA