【情報まとめ】1月29日発売!BOSS最新ルーパー RC-600 【RC-300との比較】

発売が2021年11月予定から延期となっているBOSSの最新ルーパー『RC-600』について情報をまとめました。

1月29日発売予定との発表があり予約受付中だそうです!

大きな仕様の変更点まとめ

まず、目玉ともいえる「RC-300」「RC-600」の大きな仕様の変更点を並べてまいります。

RC-300RC-600
サイズW536×D231×H76 W435×D163×H66
音質44.1KHz
16bit
44.1KHz
32bit-float浮動小数点
トラック数36
録音可能時間3時間13時間
(1トラック1.5時間)
リズムタイプ83200以上
エフェクト16INPUT FX:49
TRACK FX:53
MASTER FX:2
(53種類とマスターFX2種類)
メモリー9999
入力端子MIC XLR=1
INST フォン=2(L.mono/R)
AUX 3.5mmステレオ=1
MIC XLR=2
INST フォン=2(L.mono/R)
INST2 フォン=2(L.mono/R)
AUX なし
重量3.9kg2.4kg
メーカー取説より

かなり変更点が多いです!

注目したい点はたくさんありますが、順を追ってみていきましょう。

サイズ感などの外観の変化

いよいよフットスイッチが変更

BOSS独自のプラのスイッチがいよいよメタルスイッチへ!

これだけでルックスが5割増しかっこよくなりますよね。

それにこれまでのスイッチはほこりの掃除とかめちゃめちゃしにくかった!

あちこちに段差や隙間があってほこりがなかなか取れない・・・

それがRC-600ではスイッチがメタルタイプになったこともあり段差や隙間が減り、

掃除などのお手入れも簡単そう!

これは嬉しすぎます!!

サイズはひとまわり…いや、ふたまわりコンパクトに!

EXPペダルが廃止されたことで幅、奥行きともにかなりコンパクトになったみたいです。

W536×D231×H76  → W435×D163×H66

幅は10cm、奥行きは7cmほど小さくなっています。

試しにコピー用紙でサイズを比較してみたのですが、この通り!

ひとまわりどころか、ふたまわりくらいは違います!

これだけ小さくなってくれると今までエフェクターボードからはみ出していた

大きめのアコギ用DIなども1つのボードにまとめられそうです!

さらに言えばその他エフェクターも置けてしまうかもしれませんが、それはRC-600の内臓エフェクト次第ですね。

ディスプレイはまだ海外製品には及ばず

最近では小型のお値段控えめのマルチエフェクターでもフルカラーディスプレイだったりします。

特に海外製品は必ずと言っていいくらいそうです。

実際に、海外製品でルーパーといえばheadrushlooperboardですが

こちらはかっこいいフルカラー液晶タッチパネルです。

しかしBOSSは変わらず、グラフィックLCDです。

解像度は上がったようですが、少し残念に思う方もいるかもしれません。

ぼく個人としては

「コスパUPのためにグラフィックLCDにすることで何万か安くなりました」っていうなら大喜びです。

フェーダーは廃止

RC-300にあったトラックフェーダーは廃止となり

各トラックの音量はディスプレイ下にあるつまみで調整するようです。

別にフェーダーでもノブでもどっちでも大差ないのはわかるんですが、

フェーダーって触ってると少しワクワクするというか、おもちゃ的な意味で大変楽しいパーツだったので少し寂しいですね。

UNDO/REDOボタンで時短

これまでトラックのRECボタンを長押し操作していた

UNDO/REDOに専用のボタンがあります。

これって結構助かります。

練習や創作中にUNDO/REDOの操作で時間がとられるのは地味にモチベにダメージがあったのですが

RC-600からはUNDO/REDOボタンを押すだけですぐにUNDO/REDOが行えるみたいですね。

-1.5Kg!嬉しい減量!

めっちゃ減ってます!!サイズも減ったらやっぱり軽くなります!

ルーパーってとにかくデカい重いで、持ち運びに気合が必要でしたが、

1.5Kgも減ったらだいぶ楽ですよ!!!!

これには大助かりですねー!

電源アダプターは逆にサイズアップ?

これは定かではないですが、取説の画像のアダプタがこれまでのタイプと違って

電源コードを別に差すタイプになっています。

実際に消費電流も大幅に上がっており、

RC-300は320mAでしたが、RC-600は1.1A(1100mA)です。

これだけ消費電流が変われば当然と言えるでしょう。

トラック数や音質など中身の変化

入力はMIC2本とINST4本!単純にRC-300の倍!

RC-600の入力端子は以下の通りです。

RC-600の入力端子

MIC(XLR端子)2本 / 個別にファンタム電源のON、OFF設定が可能

INST(標準フォン端子)4本
  →L.Mono/Rのステレオ構成が2チャンネルです。

AUX入力は廃止

すごくシンプルに考えると入力は倍になっています!

めっちゃうれしいですね!

これまでボードにミキサーを組み込んでいた人も、楽器の数によっては廃止できるかもしれません。

1、ボーカルマイク

2、パーカッションマイクやベース

3、ギター

4、シンセ

などなど、4か所も入力があるのなら何でもつなぎ放題です!

これははかどりますねー!!

32bit-float浮動小数点)で音質向上&音割れしにくくなる!

32bit-float浮動小数点ってなに?って話なんですが、シンプルにまとめると

・0dB以上でも音割れ(clip)しない。

・音の解像度が高く、録音した音が劣化しない。

という効果があります。

さらに言えば32bit floatは

プロのレコーディングと同じフォーマットです!

公式の取説にはこのように書かれています。

最大入力レベル

MIC1、2:0db

INST1、2:+7dB/+20dB(切替)

RC-600取説より

レベル管理はもちろんちゃんとすべきですが、心の余裕が違います。

安心感ありますね!

トラック数は3トラック増えて6トラックに!

これ以上な嬉しいアップグレードです!!!!

ここが本当に最高!!

これまで3トラックでどう収めるか、どうやっても足りない、でもRC-300をもう一台買うのもなあ・・・

なんてうだうだ思ってたらやってくれました!ありがとうBOSS!

操作方法は「1~3番のコントロールをするモード」と「4~6番のコントロールをするモード」を上段のトラックセレクトスイッチで切り替えるようです。

スイッチの動作はカスタマイズ可能みたいなので、もしかしたら3チャンネル以上ダイレクトに操作できるのかもしれません。

個人的にはFS-6のようなフットスイッチで4チャンネル操作できるようになったら

最高に便利だと思うのですが、これは買ってみて触らないとわかりませんね。

そんなにいる?録音時間13時間

録音形式が32bit-float浮動小数点 になったぶんデータの容量も大きくなるのですが、

それなのに録音時間は1トラック1.5時間以内、合計13時間までOK!

正直そんなに使わないと思いますが、非常に大容量です!

たぶんこんなに使わないけど!

まだ謎の多いエフェクト機能

正直RC-300のエフェクトは使いどころがかなり限定されていてお世辞にも使い勝手がいいとは言えませんでした。

エフェクトの種類は少ないし、IN、OUT、1~3トラックのどれか1か所に、どれか1つのエフェクトしかかけれなかった。

それが今回のRC-600はエフェクトが50種以上!

同時使用が4つまで可能!

INPUT、MASTER(OUTPUT)、TRACKそれぞれに設定が可能!

大きな進歩です!

メモリーごとに4つのエフェクトグループ(バンク)を設定でき、1バンク4つまでエフェクトを使用できるようです。

おそらくINPUTと各TRACKごとにどのバンクを使うか設定し、ON、OFFを切り替えられる。
(INと3TRACKで合計4つ。バンクも4つ)

また、MASTERはMASTER専用のエフェクトが2種類(リバーブとコンプ)が用意されているようで、それは独立して操作するのではないかと思います。

これは憶測なのでそのように操作できなかったと言われても何も対応できませんししませんので

どうぞ慎重に調べてください。

同時使用が4つまでっていうのも少し引っ掛かっていて、そのメモリー内で使用できるエフェクトが4つまでなら、4つバンクを用意できてもその中身は全部同じで、パラメータを変えれるだけなんじゃないかとか、ちょっと警戒しています。

ぼくはRC-600のエフェクト機能にも警戒心強めです。

そのくらいRC-300のエフェクト機能がいまいちでした・・・

操作性は素晴らしかったのでそこは信頼しています!

「RC-600」大注目の新機能まとめ

それではここまでの内容のおさらいを兼ねてざっくりまとめてみましょう。

新機能まとめ

1,フットスイッチがプラからメタルへ!

2,サイズがだいたい幅10㎝、奥行き7㎝くらいサイズダウン!重さも1.5kg減!

3,入力端子、トラック数ともに2倍に!

4, 32bit-float浮動小数点で高音質!レコーディングクオリティ!

5,エフェクトが53種類+マスター2種類の超増強!しかも各トラック個別に設定できるかも?

現在(12/27)もまだ発売日に関するアナウンスはありませんが発売が決まり次第すぐに注文したいと思っています。

購入後にはまた記事や動画を作るかもしれませんのでTwitterやInstagramもフォローしてもらうとすぐに情報を確認できます。

↓アカウントはこちら

RC-300もRC-600の発売が決まって値下がりが始まっているので、純粋にループさえしてくれればそれでいいと思っている方はRC-600を買った人が手放すRC-300の中古や値下りしたものを狙うのもいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA