【驚異的な振り抜きの良さ】マンティスPRO295Ⅱ/出会ってしまった感動のラケット

なんだかんだとラケットを買ってはいいところを探して褒める裏側で、

「とはいえ正直自分の好みではないかな」とか「概ねいいんだけどあと一歩なんだよな」と正直に言うとちょっと思っていました。

そんな中、打感、パワーともにこれを求めていた!というラケットに出会いました!

それがこちら。

マンティスPRO295Ⅱ

マンティスのPRO295Ⅱです。

こっっっっっれがもう最高です!!

中古で5000円ほどでした!!!笑

はっきり申し上げて、興味本位で、期待などはろくにせず安いから買いました。

リンクはmantis 295 pro です。

スペック

●フェイスサイズ:98 sq.inch
●ウエイト (unstrung):295g
●バランス (unstrung):325mm
●フレーム厚:20mm (parallel)
●レングス:27inch
●素材:ハイモデュラスカーボン100%
●フレックス (unstrung):RA67
●ストリングパターン:16×19
●推奨テンション:44-60ポンド

とのことです。

スペックにRAまで書いてくれるんですねー。

今ではPRO295Ⅲといって一つ新しいモデルが出ていますが今回買ったのはⅡです。

僕はグリップが重いほうが好きですが、重すぎるのも困るので290g前後のラケットを買って、好みの重量、バランスに調整して使うのが好きです。

スペックはドンピシャ。

スロート部はボックスで、フェイス部分はラウンド形状です。

やりたいことはヘッドのラジカルあたりと同じことなんだろうなーという第一印象でした。

違うところがあるとすればフレーム厚が20mmのフラットであること。

ちなみに、ラジカルも好きでしたが、少しパワーが有りすぎるかな?という印象でした。

では打った感想に参ります。

今回はソリンコツアーバイトダイヤモンドラフを48Pで張りました。

驚異的な振り抜きの良さ!

まず特筆すべきは驚異的な振り抜きの良さです。

ラケット自体はイーブンバランスということですが、

信じられないくらい振り抜きがいい。ヘッドがずんずん前へ抜けていきます。

グリップサイズも4なので少しグリップが重くなっているかもしれませんが、それにしたってすごすぎる。

ストレスフリーな振り心地。

素晴らしいの一言です。

バランスがいいのか、ラケットの操作性も非常に高く、ボレーにも困りませんし、サーブもしっかり振れます。

過去一番で振りやすいですね。

自分に合うラケットって、持った瞬間のバランスだとかフィーリングで何となくわかるのですが、このラケットはその感じがビンビンします。

硬すぎず、ボケ過ぎず、最適な打感

ベストオブベストな打感です。

硬すぎず、かといって柔らかいと言われる最近のラケットのようにボヤケた感じもなく手ごたえがある。

手ごたえはあるのに硬くない。

それからいろいろなラケットを渡り歩きましたが、打感でここまで「これだ!!」と思えたラケットは初めてです。

しっかりラケットがしなるのを感じますし、中身が詰まってるような打感。

面の安定性も高く、とっても素直にボールが飛んでくれます。

例えるなら、打感がめちゃクリアになったスリクソンの3.0、でしょうか…

スリクソンがぶわっという感じで情報が伝わってくるのに対して、このラケットはスパって感じに鋭く伝わります。

程よくしなり、柔らかな打感でありながらも、ぼけたりはしません。

今回張ったガットは柔らかく、掴むような感覚もあるガットですし、その組み合わせが良かったのかもしれません。

ストローク

僕の感覚的には少しラケットが助けてくれてるなー。と感じますが、本当に少しです。

ラジカルやピュアドライブのような豪快なパワーは感じません。

しかしそれがいい。

何をするにも良い梅塩のアシストです。

決してやりたいことの邪魔はしない、もちろん極端に助けてもくれない。

ピンチのときだけちょびっと楽。

なんて理想的なんでしょう!!!

ヘッドの抜けもめちゃくちゃいいので、ラケットのアシストがなくてもヘッドスピードが上がっているのか、ほかのラケットに比べて球速が落ちるような感覚はありません。

とはいえ、このラケットに持ち替えてパワーが増すことはないでしょう。

むしろパワーは場合によっては落ちる(ラジカルより落ちる)かもしれません。

持ち替えたらいいボールが打てるかって言うとそれは無理です。

ヘッドを上手に返せない人にとってはこの振り抜きの良さは生かしきれないメリットですので、ある程度はしっかり振れる人向けです。

今以上のすごい一撃を打つなら選ばないほうがいいですが、

自分の感覚がラケットに影響されず素直にボールに伝わってくれている。

そんな素晴らしいラケットです。

様々な球種とコントロール、確実なミスの少ない、相手を惑わし勝ちに行くプレーを目指すならおすすめです。

ボレー

こちらもやはりストロークと同じ。

無用な手出しはせず、そっと見守ってくれてるような感覚です笑

なんて素直なラケットなんでしょう。

ちなみにスイートスポットは縦方向に長くありますが、横方向にはあまり広がっていないように感じました。

サーブ

これもまたすごくいい!

思ったよりしっかり回転もかかりました。

掴んでるような感覚がしっかりあるからでしょうか。

スピン系、フラット、どれを打ってもまんべんなくいい球が行きます。

総評

個人的には非の打ち所のない、素直なラケットでした。

これまで打ったラケットでよかったものベスト3に入ります。

しかし、もちろんみんなにおすすめかと言われるとそうとは言えません。

むしろ人を選ぶラケットかもしれないです。

「このラケットでは打てない人がいる」というわけではなく、「このラケットでは物足りない」と感じる人がいるかも知れないと思います。

本当になんの個性もないと言ったらおかしいですが、

質実剛健。上質なラケットという印象です。

誰でも使えますが、感動はないかもしれません。どっちつかずで何が得意なのかわかりにくいラケットですから、もしかしたらお好みでないかもしれません。

しかし、ハマれば最高のラケットであることは間違いありません。

コースを思った球種、スピードで打ちコントロールたい、試合をきっちり組み立てたい。
そんな方の味方になってくれるでしょう。

3件のコメント

ブログ読ませていただきました。
自分もPRO310Ⅱを買いました。打感やスペック等気に入って使っていたんですがしばらくすると肘が痛くなりました。いろいろ検討した結果、たぶん扁平のグリップが合わなかったんじゃないかと思って前のラケットに戻したら肘も治りました。
そこでお聞きしたいのが今もMANTISを使っていますでしょうかもし使っているならグリップチューン(形を変更させる工夫など)は行いましたか。お答えよろしくお願いします。

HALZAK様はじめまして^^
現在もマンティスを使用しています。
僕も扁平グリップは苦手なのですが、グリップサイズが4のおかげか、「非扁平のグリップがほんの少し横に伸びた」という感触で使用できています。
僕が扁平が苦手な理由が「幅が広い」ことではなく「厚みがない」ことなので、普段よりひとつ太いグリップサイズにしたことがよかったのかもしれないです。
それと、バランス調整のためにグリップをはがしてパレットの上からレッドテープを貼っているのでそういった違いも影響しているかもしれません。
HALZAK様の参考にしていただければ幸いです!

返答ありがとうございます。返信が遅くなりすいません。
アドバイスを参考に汎用のパレットを買い、グリップを2(元のサイズ)→3に変えてバランス調整を行い、
フォアの打ち方をダブルベンドに変えたところ、肘も痛くなく現在も使用できています。
自分もパレットにバランサーを仕込みました(笑)
アドバイスありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA