気になるラケットが2本!

今現在Ultra tour 97を使っていて、ルックスがかなり気に入ってるものですから、使い続けたいと思っているものの……

Wilson Ultra tour 97 インプレ/レビュー

 

気になるラケットは数知れず!!!

 

その中でも特に気になってるラケットを書いてみます!

気になるラケット1本目

Diadem Elevate 98 (ダイアデム エレベート98)

ヘッドサイズ 98SQインチ
長さ27インチ

重量 305 g
バランス320mm
ストリングパターン 16 x 20
スティッフネス(RA) 64
フレーム厚 21.5mm

めちゃくちゃ気になるスペックですね。

ボックス気味だけど、全体的な形はラジカルに近そうです。

フレーム厚もフラットで、RAも小さい。

ストリングパターンは18×20ほどまでは細かくない16×20。

完全にボックスよりは少しだけアシストがありそうだし、RAも小さくフレームが柔らかそうだし、正直16×19よりは細かいほうが好きだけど少し軌道が上がってほしい僕には16×18はドンピシャのパターンだし、なんて理想的なんでしょう!!

色も可愛しフェイスも100以下!

お値段もお手頃で新興メーカーだから面白そう!

勝手な意見ですが、新興メーカーって素材も拘てくれてるんじゃないかなーなんて想像しています。

ちなみにこのダイアデムスポーツさんはストリングが有名で、

ダイアデム(DIADEM) ソルスティス パワー(1.20mm/1.30mm) 200Mロール 硬式テニス ポリエステル ガット【2015年11月発売】

価格:18,800円
(2019/2/19 22:03時点)
感想(0件)

【お試し12Mカット品】ダイアデム(DIADEM) ソルスティス プロ(1.25mm/1.35mm) 硬式テニス ポリエステル ガット【2015年11月発売】

価格:1,500円
(2019/2/19 22:03時点)
感想(0件)

このガットが驚異的にスピンがかかると人気みたいです。

ああ、とにかく色が可愛い…

スターコアテクノロジーという技術が用いられた断面が星型のガットで、凄まじい回転がかかるそうです。

ラケットのみならずガットも気になりますね。

気になるラケット2本目

テクニファイバー(Tecnifibre) 
ティーファイト 305 エックスティーシー(T-FIGHT 305 XTC)

テクニファイバー(Tecnifibre) 2018 Tファイト 305 XTC(305g) T-FIGHT 305 XTC 14FI30589 海外正規品【2018年9月登録 硬式テニスラケット】[NC]

価格:21,900円
(2019/2/19 21:35時点)
感想(0件)

フェース面積(平方インチ) 98
フレーム長(インチ) 27
フレームトップ部(mm) 21.5~22.5
フェース中央部(mm) 21.5~22.5
スロート部(mm) 21.5~22.5
重量(g・平均) 305
バランス(mm・平均) 325
ストリングパターン 18×19
グリップサイズ 2・3

これもまたパターンが少し細かめ。

パターンのおかげでコントロールはしやすく、それでいてラケットにパワーがあるらしいです!

このカラーリングが目立つからなのか、テクニファイバーを使うプロも大勢見かけますね。

僕が使ったことがあるのは歌舞伎の絵の頃なのでかなり前ですが、その時は硬いラケットだなー…と思ったので、ずっと避けていました。

今回は柔らかいらしいので候補入りです。

ラケットに求めること

要するに求めてることはコントロールが第1で、ほんの少しのパワーアシストです。

これはUltraでもガット次第でなんとかなるのかもしれないので、まだラケットを変えようと言うほどではないですが、気になる…‥!

特にダイアデムのラケット!色が好きだからすごく気になる!

どなたかお金に余裕のある方、買ったらお話聴かせてください笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です