Ultra tour 97のその後(ウルトラツアー97レビュー2)

先日Ultra tour97のレビュー(https://teradakazuteru.com/wilson-ultra-tour-97-review)を書きましたが、その後動きがあったので第2弾です。

 

動きっていうか、これはもうレビューと言うより日記なのですが。

 

あまりにも叩いても入ってくれるラケットだったもんですから、つい力が入りすぎてしまうという症状に陥っています。

逆に言えば、叩かなければ飛ばないラケットですからね……

 

体力的にも3試合以上はこなせず、叩こうとしすぎて少しずつ変なところに力が入るようになって、先日少し肩を痛めました…

 

このラケットを軽々扱えるだけの筋力と、しっかり分厚く捉え続けられるフットワークが身につくまで封印しておこうと思います。

 

使いこなせたらきっといいラケットなんだけど、スイングが崩れるようでは元も子もありません。

 

そんなわけで。体がしっかりできていない方にはおすすめしません(笑)

ココ最近、急に週1から週3に頻度が増え、疲労が残っていたことも原因ではないかなと思いますが、その程度のパワーでは扱えないデスネ……

 

ただし、別の使いみちは確かにある!というお話を!

スイングが正しいのか判断できる

一概に皆そうだとは言えませんが、このラケットは良いスイングだと必ず良い球を飛ばしてくれます。

そしてその逆も然り。

あたりが薄ければ「この程度のあたりじゃ、ちゃんと力のあるボールは打てないぞ」と言わんばかりに飛ばしてくれませんし、芯を外したときなんかもまた飛ばしてくれません。

 

しかし、確実に正しく振り切った場合はとてもいいボールを飛ばしてくれます。

 

自分のスイングが窮屈だな。いまいちいつもと違うな。というときにこのラケットに持ち変えると自分の状態をあからさまに再現してくれるので、とてもありがたいです。

そうは言ってもなんだかんだで…

こんなにもかっこいいのに!使いこなせないなんて悔しいい!!

という気持ちでいっぱいです!!

いつか絶対に使いこなしたいので、しっかり鍛えていこうと思います!

 

が、ひとまずラケットはもう少し優しいのに戻します…(笑)

体の回転速度に腕がついて行ってないと言うか。

ついてきてるんだけど腕が支えきれない感じになっています。

頑張って鍛えなおそう。

 

腕を丈夫にするトレーニングあれば教えていただけるお幸いです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です